Skip to content

消費者金融のATMでは効果は使えないのか?

消費者金融のATMでは効果は使えないのか?

消費者金融のATMでの出金、入金は紙幣ベースとなっていて硬貨の取扱いはしていないところがほとんどです。なぜ消費者金融のATMでは効果を利用することができないのでしょうか?消費者金融が利用者に一番してほしくないことは、借金を完済させることです。なぜなら、収入源がなくなってしまうからです。たとえば、この金額を返済すれば完済するという金額が300円だとして、おつりが出ないのを承知で1000円を入金するというのはなかなかできないことです。多分しない人がほとんどのことでしょう。この300円を返済するためには、まずは消費者金融に電話をし、返済金である300円よりも高い振込手数料をわざわざ負担して消費者金融の口座へ振込をしないければなりません。かなり面倒な手続きとなるため、そのまま放っておく方がほとんどのことでしょう。このように消費者金融は利用者とつながりを絶たない関係を持つことにより、既存客をキープしておこうという考えが含まれているのです。そのため、消費者金融のキャッシングは人の心理を読んだ完済しにくい仕組みとなっているのです。また別の理由としては、効果の管理が大変だから、とい点もあります。効果を使えるようにするためには、システムの開発をする必要がありますし、巨額な投資もかかってくるからです。
しかし、ATM返済時に端数を硬貨で払える銀行ローンはあります。バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)や新生銀行カードローン レイクなどは硬化も利用することができるので消費者金融を選ぶ際の参考にすることができるでしょう。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら

Comments are closed.