Skip to content

プロミスから50万借入で収入証明が必要になる

必要書類の中に一つ時と場合によってのものがあります。
それは収入証明書類。
プロミスから50万借入をするときに収入証明が必要になりますが、他社からの借り入れがある場合には条件が変わってきますので詳しく見てみましょう。

収入証明書類を提出する条件は二つあります。
「プロミスからの借り入れ金額、借入希望金額が50万円を超える場合」
他社からの借り入れがない状態でプロミス1社からの借り入れ金額が50万円を超えることになると収入証明が必要になります。
増額などによって50万円を超えるときもそうですが、希望する借り入れ金額が50万円を超えるときにも提出の必要があります。

「他社からの借り入れ金額も含めて総額が100万円を超す場合」
プロミスからだけではなくほかの消費者金融からも借り入れがあり、総額が100万円を超す時には必要になります。
例えばプロミスへ新規申し込みを行いその時に合計が100万円を超えたりもしくは増額によってということもあるでしょう。
100万円を超えるとプロミスだけではなくほかの消費者金融にも収入証明を提出しなくてはなりません。

基本的には源泉徴収票で問題ありませんが、すぐに用意ができないときには直近2か月分の給与明細を用意しましょう。
ボーナスが支給されている場合には1年分の賞与証明書も収入証明書類となります。
借り入れ金額は年収の3分の1を超えることはできませんので金額が大きくなれば収入を証明する必要が出てくるわけです。
関連サイト

Comments are closed.